どこか懐かしくてホッとする北欧ヴィンテージ×和モダンの家

施工例

どこか懐かしくてホッとする北欧ヴィンテージ×和モダンの家

津市
K様

古いモノ、ときめくモノに囲まれて

旦那様の転勤をきっかけに、三重県へと移住されたK様ファミリー。マンション暮らしでしたが、子どもたちがのびのび過ごせる持ち家をご希望でした。新築から中古住宅リノベーションに絞って粘り強く探し続けて、希望エリアで立派な造りの和風住宅に巡り合いました。
 
間取りは変えず、玄関廻りや建具、階段など木の意匠を残してリノベーション。壁を漆喰で塗装したLDKは、ホワイトタイルが印象的な北欧ヴィンテージテイストにまとめました。オークのフローリング、下がり天井、キッチン廻り・・・木を取り入れた室内に、ヴィンテージ家具やカゴなど、奥様のセンスで選ばれた古き良きモノがしっくりと馴染みます。みんなで集まるLDKだけではなく、子ども部屋や階段など子どもたちが遊べる場所が増え、賑やかで楽しい毎日を過ごされています。
北欧ヴィンテージテイストと、和モダンが不思議と溶け込む。懐かしくてホッとする。そんな憩いのお家に生まれ変わりました。
お客様の声はこちら

K様 アメリカンスイッチ 漆喰 写真

LDKの壁には、自然素材で作られた塗り壁材(ハイブリッド珪藻土)で塗装しました。 漆喰の表面強度に、珪藻土の調湿性とほたて貝・火山灰の吸着性が合わさることで、湿度コントロールしてカビを抑制し、室内空間を快適に保ちます。
パールホワイトの壁色に合わせてチョイスした、アメリカンスイッチが馴染みます。

 

マットな質感の突き板フローリングは、天然木ならではの堅固な風合いのオーク。抗ウイルス・抗菌性能があり、床を衛生的に保ちます。

 

掃き出し窓にインプラスを取り付け、断熱性能と防音効果が向上。隣家を気にせず、のびのび遊べます。カーテンレールを取り付ける高さを変えることで、空間を高くすっきり見せます。

 

マッキントッシュのダイニングテーブルやアーコールチェアなど、アンティークを扱う家具屋で一目惚れしたモノをK様夫妻が購入されました。対面キッチン近くに配置することでキッチンとリビングを繋ぎ、良い意味で一体感があります。インダストリアルなペンダントライトがアクセントに。
北欧ヴィンテージテイストの空間に、LDKをより穏やかに居心地良くさせてくれる自然素材や快適空間を演出するモノを上手に選ばれました。

K様 キッチン リノベーション 施工後 写真

キッチンは、LIXILのシエラS。スムースホワイトの扉色に、ブラックの取っ手を合わせて家具のよう。ステンレスのワークトップとシンクなど、作業スペースが広くなりました。
深型タイプの食洗機があると、体調が良いときもイマイチなときも便利で重宝しているとか。

キッチン腰壁のキッチン側にスパイスニッチを造作して、スパイス達を並べて置けます。
リビングダイニング側には、清潔感のあるプレーンなメトロタイル。ツヤのあるホワイトが慎ましやかながら、品良く存在感を放っています。
壁面ニッチは、奥様の好きな本を並べられるマガジンラックに。

 

キッチンの床はフロアタイルで、境界に真鍮の見切材をつけてリビングダイニングへと繋ぎます。
壁面の1部にFeボードを貼り、マグネットが使えるようにしました。ドライフラワーを飾ったり、次男のAくんが描いた似顔絵を展示したりと活用できます。

 

K様 ダイニング キッチン リノベーション完成 写真

キッチンとお揃いのカップボードは採用せず、ヴィンテージ感のある食器棚を選ばれました。
カウンター廻りの木は、抜けない梁や柱ではありません。装飾用に木をあしらい、ナチュラルな雰囲気を高めました。

タイル調のボール一体型の洗面カウンターとスワンネックの水栓が特徴的な洗面台は、パナソニックのシーライン。キャビネットはフロートオープンタイプで、造作風のデザインとメンテナンスのしやすさを気に入られました。
洗面台とミラーの間に貼った2段のタイルは、名古屋モザイクのピュリティ。角に丸みのあるくすみグリーンに100×75mmというユニークな形状で、ナチュラルな可愛らしさをプラス。

 

洗面脱衣室には室内物干しワイヤーpid、浴室にはランドリーパイプを2本取り付けて、洗濯物を室内干しできる環境が整いました。
タオル類や日用品は、ミラー収納やキャビネット、オープンの可動棚に仕舞えます。

 

K様 照明 ブラケットライト 写真

ブラケットライトと壁掛けバーは、K様が取り寄せられた支給品。まあるい模様のガラスに、照明を灯すと波紋のように光が広がります。
スペースを有効活用しながら、おしゃれさと使いやすさにこだわりました。

和室と階段の存在も、この中古住宅に惚れ込まれ、購入の決め手になったとか。
玄関廻りの木の意匠、階段、和風照明は、既存を活かして。
日が暮れると、電球のオレンジ色がなんとも味わい深く、郷愁を誘います。
玄関ホールは純和風ですが、アンティーク調の室内ドアが違和感なく各部屋へと繋ぎます。

 

マンションから2階建住宅に移って変わったことと言えば、家の中に階段があること。元気いっぱいの息子さん達が階段に腰掛けたり、時にはお友達と一緒に遊んだりできる場所が生まれました。

 

K様 和室 リノベーション完成 写真

縁側のある和室は、まるで旅館のような佇まい。ご家族の憩いの場所であり、お客様をおもてなしする客室にもなります。
和室の畳は新調して、い草の香りに癒やされながら、足を伸ばしてのんびりくつろげます。
新しく造った壁には、もみ殻を使用した壁紙を貼り、その抹茶色の壁紙に合わせて聚楽壁を塗装しました。

2階の和室を子ども部屋として、またお友達を呼んで気兼ねなく遊ぶことも想定し、洋室に造り替えました。

子ども部屋を造った1番のメリットは、玩具類の定位置ができたこと。基本的に子ども部屋にすべての玩具を置いて、リビングには最低限の玩具のみ持ち込めます。子どもたちにとっては、好きなように遊べて、玩具をそのままの状態で置けるようになりました。ご夫妻としては、毎日リビングで遊んだ玩具を片づける手間と時間が減りました。

 

新設した壁にはベージュの壁紙を貼りました。このベージュ壁紙に色合わせした塗料で、聚楽壁を塗装することに。塗装職人立ち会いのもと、ファミリー総出で壁のペイント体験して、家づくりの想い出を塗り込めました。体験後はしっかり乾かして、塗装職人が仕上げて完成!

ペイントのようすは、Instagram リール(短尺動画)でご覧いただけます。
【壁のペイント動画を見る】

 

押し入れはクローゼットにして、将来それぞれの個室として使う時に、洋服を収納できます。アクセントクロスは手描き風ドット柄。
障子は貼り替え、窓外から障子越しのやわらかい光を取り入れることができます。
全体的にベージュトーンで、やわらかくて馴染みやすい雰囲気に仕上げました。

リノベーション詳細
三重県津市
123.92㎡
築31年
フルリノベーション
木造
約1,500万円
ウッドワン マガジンラック、タイル
ウッドテック ライブナチュラルMRX、フロアタイル
ビニールクロス
LIXIL シエラS
ハイブリッド珪藻土、聚楽壁を塗装、ビニールクロス
LIXIL リデア
カウンターデスク、スパイスニッチ
北欧ヴィンテージ×和モダン
一覧を見る