思い入れのある場所で音楽と暮らす

施工例

思い入れのある場所で音楽と暮らす

津市
S様

ふたりと1匹の新しい暮らし

これから結婚を控え、「奥様の実家近くに新居を構えたいのですが」と相談に訪れたS様。中古住宅探しからお手伝いしましたが、思うような物件がなかなか見つかりませんでした。希望エリアの拡大や土地を探して新築を建てることも検討しつつ、粘った結果、ご希望通りの中古住宅に巡り合いました。住む家が決まった後は、家づくり。結婚前はそれぞれ離れた場所で暮らしていたため、顔を合わせて決める日時は限られていましたが、キッチンの位置、床材や壁紙の色、玄関の場所・・・納得のいくまで、時間をかけてプランを練り上げました。

新しい暮らしが始まり、ご結婚されたおふたりのお気に入りはLDK。S様のこだわりが詰まっており、リビングの落ち着いた色合いの妙は、奥様の好みにもしっくりと合います。穏やかなブルーがアクセントとなる空間に、ジャムセッションのような会話が弾みます。
また、フルート奏者である奥様のために、防音仕様のレッスンルームを設けました。時間を気にせず、自宅でも音楽に打ち込むことができます。
おふたりらしい音色を奏でるかのように、変化する日々を楽しんでゆく場所になりました。

南側の掃き出し窓から、明るい光が入り込むリビング。

ソファーを隔てて、ダイニングキッチンとリビングが区切られます。家具やラグはブラウン系、ソファーはソフトグレーでコーディネート。

テレビボード側は、ネイビーのアクセントクロスとスピーカーのブラウンが良く合い、落ち着いた雰囲気を醸します。コンセント類は、テレビボードの裏に隠して、配線廻りを見せません。

シックな空間に流れる音楽が心地良く、憩いの場所になりました。

カフェのように並んで食事ができるよう、カウンターテーブルにしました。

ファブリック違いのイスを並べて、可愛らしさをプラス。
カウンターテーブルの色は、床材のウォールナット柄に合わせて、ダークブラウンを選択。

三角フラスコのようなペンダントライトは、S様が取り寄せられたもの。トパーズ色のシェードから、アンティーク調の和らいだ光を放ち、ダイニングを照らします。

なんだかホッとするS様のお気に入りの場所で、ブルージーンズ色のイスに座ってくつろぐことが多いそうです。

以前キッチンがあった場所の間取りを広げ、楽器の演奏ができるレッスンルームに造り替えました。防音仕様だから、いつでも心置きなくフルートを吹いたり、楽器を演奏したり・・・。
CDや楽譜など、音楽に関するものをまとめて置けるので、調べ物や音楽鑑賞にも集中できます。

静かに音楽に向き合える、奥様の大切な場所になりました。

結婚前から、S様と一緒に暮らしている猫ちゃんのための部屋。

大きな窓から、庭を眺めたり、日向ぼっこしたり・・・。のんびり気ままに過ごしています。

この部屋の窓には、すべて可動ルーバーを取り付けました。いつでも室内に新鮮な風を取り込むことが出来、脱走対策にもなります。

猫用品やおもちゃは、クローゼットに仕舞って、スッキリと片付いた室内をキープ。
床材は、天然木のもつ自然な美しさを表現するジョイハードフロアーAを採用。淡いナチュラルメープル柄で、キズや汚れ・害虫に強いエコ配慮素材です。

長毛種(メインクーン)の猫ちゃんにとっても安心で、のびのびと動き回っています。

リノベーション詳細
三重県津市
96.94㎡
築38年
全面改装
木造
5ヶ月
パナソニック ジョイハードフロアーA
ビニールクロス
リクシル シエラ
ビニールクロス
リクシル アライズ
心置きなく演奏できる新居
一覧を見る